おやさい&くだもの

船橋と小松菜

2020.09.18

今日は「小松菜」についてお話します。

船橋で小松菜の生産が始まったとされるのは、明治時代ころ。
当時、小松菜発祥の地である東京都の小松川と西船橋の間では「縁組み」による婚姻が多く、その際に種が伝わったとされています。

それではなぜ、小松菜の生産が盛んになったのか?
都市化が進み、農地の少なくなった船橋・西船橋エリアでも、生産効率が良いことが大きな理由だったようです。
小松菜は、収穫までの日数が夏まきで30日、春・秋まきで50日前後、晩秋まきで60日~100日とされ、1年に7、8回収穫が可能なのだそう。
都市部の農地にぴったりの野菜と言えますね !

そんな船橋の小松菜ですが、これからむかえる11月~3月の寒い時期が旬とされおり、船橋市場でも徐々に入荷量が増えていきます。
小松菜の入った箱が並ぶ写真は、本日の船橋市場の移動競売場の様子です。(写真1枚目)
旬をむかえると、この競売場からはみ出るくらい小松菜が並びます !

品種にもよりますが、一般的に小松菜の鮮度は、葉が青々とした緑の濃いものが良いとされています。逆に葉が黄色いものや、茎が付け根から簡単に取れてバラバラになってしまうものは、鮮度が落ちています。
また、病気にかかると葉に黄色い斑点などが出るものもあります。

ちなみに、小松菜や白菜によく見られる「茎の黒い斑点」の正体は、ポリフェノール。(写真2枚目)ですので、食べても身体に害はなく、味も変わりはありません。

これからの季節どんどん美味しくなる小松菜ですが、霜が降りると甘みは一層増します ! 地消地産で、船橋の小松菜をたくさん食べましょう〜 !

おやさい&くだもの

ブドウの食べくらべ

2020.09.11

こんにちは。
今日は、部会員と栄養士の先生のお話を紹介させていただきます。

8月の上旬、9月に使用するくだものについて、ある学校の栄養士の先生から部会員に相談がありました。
何が良いと思いますか?という問いに部会員は、
「コロナ禍で、子どもたちも少なからずストレスを感じてるだろうから、少しでも楽しんでもらえるよう、ブドウの食べくらべをさせてみたらどうですか?」と提案しました。

今回は、山形県産の皮が紫色のピオーネと、同じ山形県産の明るい緑色のシャインマスカットの2種類を提供。当日は2色のブドウがお皿に並びました。
先生は給食に、船橋の八百屋さんがみんなのために用意してくれましたよ、というエピソードまで添えてくださったそうで、食後に子どもたちから寄せられた感想の一部を、部会員まで送ってくださいました。
「むらさきのぶどうは あまずっぱくておいしかった、マスカットは あまくておいしかった」という食べくらべの感想や、「にがてな ぶどうが ちょっとたべれたよ」、「(おいしかったことを)やおやさんに つたえてください」という嬉しい言葉まで。。 !
天候に左右されずに無事にぶどう2種類が納品でき、子どもたちにとても喜んでもらえ、更に校長先生からもお褒めの言葉をいただいたと聞いて、提案した部会員自身(まるで子どもに戻ったかのように)嬉しい1日となりました。

部会員は、旬の青果や、天候によって左右する価格高騰や品不足などの情報を、栄養士の先生と緊密に連絡を取るよう日頃から心がけています。
これからも、学校給食が安心・安全なことはもちろん、子どもたちが給食でより一層笑顔になれるような提案や情報提供をして参ります。