おやさい&くだもの

じゃがいも

2021.06.29

今日は、『じゃがいも』から考えさせらた部会員の想いをお伝えしたいと思います。

給食食材の納品日前日、部会員の元に届いたじゃがいも。
段ボールの中は、『そうか病』と言われるカサブタ状の斑点が出ているじゃがいもでいっぱいでした。『そうか病』はじゃがいもに最も多い病気です。しかし症状は表層のため、普通より少し厚めにむけば中身に影響はなく、問題なく食べられます。

ただ、食べられるとは言っても皮を厚めにむいたり、1個が小さくなるのでむく個数を増やさなければならないかもしれないなど、調理の手間が増えることが予測されます。部会員は市場への返却も考えましたが、納品先の学校の先生方に一度相談してみることにしました。

部会員からじゃがいもの状態を聞いた1校の先生は、皮を厚くむくなどの手間を快諾してくださり、もう1校の先生も即、届けてください ! と言ってくださいました。そして、「もしこの小学校で買わなかったら、そのじゃがいもはどうなりますか ? 」と続けて質問されました。「誰にも買ってもらえず、市場で売れ残るかもしれません」と部会員は答えました。

その日の午後、即、届けてください ! と言ってくださった先生より、給食時に子どもたちに配ったお便りが部会員の元にも送られてきました。

お便りでは冒頭で、そうか病のじゃがいもと病気のないじゃがいもの写真と共に、「みなさんがじゃがいもを買うとしたら、どちらのじゃがいもを買いますか ? 」と問いかけられていました。
そして、部会員との売れ残りのやり取りや、段ボールに必ず明記されている農家さんの生産者番号など、作った人の存在も感じさせる情報が写真と共に掲載され、最後に重ねてもう一度、「みなさんが買い物をするとき、どちらのじゃがいもを買いますか ? 理由も考えてみだください」と問いかけていました。
さらに、先生からの「今日の質問の答え」は「どちらも正解にすることができます。理由が言えるといいですね」と、締めくくられていました。

我々大人こそ、日頃からちゃんと意識できているだろうか ? と考えさせられたこの問いかけと答え。。部会員として、生産者と納品先をつなぐ間で質の良い青果を納品するだけでなく、最初の食品ロスを防ぐこともできるんだと改めて気付かされたこの記事を、きちんと残していきたいと強く感じた1日でした。

おやさい&くだもの

スイカ

2021.06.23

夏といえば、やっぱりスイカですよね。
部会カレンダーでも6月にドーンと大きく描かれているとおり、千葉県はスイカの栽培が盛んで、産出額は全国第2位となっています。
主な産地は、富里市、八街市、山武市、芝山町です。

そう言えば先日、富里市で名物だったスイカ柄のガスタンクが、老朽化やタンク自体の必要性がなくなったことから、解体されたというニュースがありましたね。
(余談ですがあの丸いガスタンク、「リンゴ皮むき工法」と呼ばれる方法で、その名の通りリンゴの皮むきのように上部からくるくると切り取って、解体していくそうです ! )
※写真2枚目。解体され現在はありません。

スイカは水はけの良い土地を好むことから、千葉県のような火山灰地帯での栽培が徐々に盛んになったようですが、県内で最も古い栽培記録は、なんと元禄年間(1688~1703年)だったそう。でも残念ながらその当時のスイカには甘味は少なかったようです。
現在では品種改良が重ねられ、スイカといえば冷たくて甘い、夏を代表するものと言えるようになりました。

スイカといえば、とにかくキンキンに冷やして食べたい ! とつい考えてしまいますが、実は冷やしすぎない方が美味しいのだそう。
カットしてから冷蔵庫の野菜室で3時間程度冷やすのがベストです。
そしてスイカ1玉の中で一番甘いのは、ど真ん中の中央部です。
みんなで甘くて美味しいど真ん中が取り合いにならないように。。。工夫して、カットしてみてください~ !

おやさい&くだもの

地産地消

2021.06.04

大変ご無沙汰してしてしまいました。
春も過ぎてそろそろ梅雨入り。。ジメジメとした季節となってまいりましたが、お元気でしょうか。。?

今日は、いつもとはちょっと違ったお話をしたいと思います。

明日6月5日は『世界環境デー』だそうです。
今年は『生態系の回復』というテーマで、世界中の人々が環境について考える日として設けられています。
環境省のHPなどでも、国民や事業者の間で広く環境保全の重要性を再認識してもらい、積極的に環境の保全に関する活動を行う意欲を高めるとして、6月5日以降の6月ひと月間を環境月間として掲げて紹介されています。

身近で心掛けられているものとしては、プラスチックゴミの削減などがありますが、実は船橋市の学校給食で普段から推奨されている『地産地消』もこの取り組みの1つとなるそう ! 我が青果部会は、今日も張り切って地元のお野菜を学校の給食室へお届けしてきました。
《1》旬のもの、地域のものを選ぶことで、地元の農業従事者を守り、国土の保全に繋げていく。
《2》流通コストが減って、CO2排出を削減できる。

船橋市の旬の食材といえば、人参や枝豆が挙げられます。
現在流行中の新型コロナウィルス感染症も全くかけ離れた出来事ではなく、自然のバランスが乱れていることが一因とも言われているそうです。
皆さんもぜひこの機会に船橋の旬の食材をチェックして、食卓に並べてみてください !

※写真は、そら豆の花です。

おやさい&くだもの

船橋産枝豆

2020.06.26

いつも青果だよりをご覧いただき、ありがとうございます。
今日は船橋産枝豆をご紹介いたします!

おつまみやおやつなど、一般的にも馴染みの深い枝豆。
船橋産の枝豆といえば、写真のようなその「形状」が特徴的です。枝や葉から根までがそのまま付いていて、綺麗に束ねられている! これが船橋産の「葉付き枝豆」です。
この形状には訳があります。まずは「葉付き」が船橋産の証になるブランド野菜化の施策のひとつということ。
そして、収穫後に時間が経てばたつほど鮮度が落ち、味も落ちていく豆類。「葉っぱ」を見れば鮮度が判断しやすくなるということ。
鮮度、味が良い状態で食べてもらいたいという、生産者さんの思いが詰まっているんですね(^ ^)

様々な品種が出ていますが、「さやむすめ」という品種が船橋産には多く、大きめのサヤで3粒入りになりやすいという特徴があります。
「美味しい枝豆」の見分け方は鮮度はもちろんですが、身入りが良すぎると豆が硬くなってしまいがちですので、身が入りすぎておらず、サヤに若干の余裕があるほうが硬さもちょうど良く「美味しい枝豆」です。
生産者の想いと技術のつまった「船橋産枝豆」を是非ご賞味ください(^ ^)

おやさい&くだもの

千葉県産西瓜

2020.06.19

今週は千葉県産西瓜についてご紹介します。
千葉県産の西瓜の生産量は熊本県に次ぐ、全国2位となっていて、7月頃と思われがちですが旬は6月です!
千葉県産西瓜は、元禄の頃(1688〜1703年)には栽培されていた事が記録されています。当時の西瓜は甘味が少なく「水瓜(みずうり)」と呼ばれていたようです。
そこから品種改良が繰り返され、今の美味しい西瓜になったわけです。

これはよく知られているかもしれませんが、西瓜の一番甘い場所は中央部! 中心です。食べ頃の温度は15度くらいと言われており、冷やしすぎない方が甘味をかんじられます^_^
これから産地は北に向かいますが、それぞれの旬の時期を美味しくいただきたいですね!

おやさい&くだもの

船橋にんじん part1

2020.06.12

今日は船橋産のにんじんについて紹介したいと思います。
船橋産のにんじんは毎年5月頃から始まりますが出荷が始まってまもなく、ベーターキャロットという品種が出始めます。ベーターキャロットの時期は短く、2週間程度で終了します。

ベーターキャロットとは、普通の人参に比べてベーターカロテンが多く含まれており、その中でも船橋産は約15%も高いと言われています。
このにんじん、甘みが強くて繊維質が少ないので、そのままジュースやサラダで食べてもおいしいのですが、更に嬉しい事に!!  ベータカロテンという栄養素は、強力な抗酸化力を持ち、ガン予防や免疫機能を保つのを助けてくれたり、視力の維持や美肌などにも効果が期待される優れものなのです。

現在のにんじんは写真のような緑の葉っぱがきれいな時期になります。このくらいになると船橋産も終盤に差し掛かり、畑にはにんじんの花も見られます。
にんじん畑の前を通る時には気にしてみても面白いかもしれませんね。

おやさい&くだもの

旬のお野菜

2020.06.05

6月のお野菜は、そら豆。
豆が空に向かって付くことからそう名付けられているそうで、天豆(てんまめ)とも呼ばれます。
露地物のそら豆は、5月~6月の今頃がちょうど旬の時期。
鹿児島県産のものなど、年末からちらほら目にする事もありますが、千葉県の生産は5月ごろまで。生産地はこれから更に北の方へと移っていきます。

そら豆を選ぶときのポイントは、さやの色が鮮やかな緑色でふっくらと膨らんでいるものが良いようです。
塩茹でしていただく事が多いですが、我が家では魚焼きグリルで焼いて食べたり、とろけるチーズやクリームチーズを乗せて焼いたり。焼いて食べることが多いです。
素焼きそら豆は焦げたさやが見た目にも良く、夏らしい美味しさです~。