おやさい&くだもの

りんご3兄弟

2020.10.14

今日は長野県生まれのオリジナルりんご『信濃りんご3兄弟』についてご紹介いたします !

りんご3兄弟といえば、9月下旬から『秋映(あきばえ)』『シナノスイート』『シナノゴールド』の順番で11月中旬頃まで最盛期を迎える長野県のオリジナル品種です。
3種類の出荷が重なるのは10月の下旬頃。それぞれに特徴があるので、3種類のリンゴを食べ比べてみても面白いかもしれませんね(^^)/

【秋映(あきばえ)】
-9月下旬~10月中旬頃- (写真左)
「千秋」と「つがる」を交配育種したもの。
インパクトの強い濃紅色をしており、甘みと酸味のバランスが良く濃厚な味わいが特徴です。

【シナノスイート】
-10月中旬~10月下旬頃- (写真右)
「ふじ」と「つがる」の交配で、鮮やかな赤色をしています。
酸味が少なく甘みが強い品種で、味は「ふじ」に似ていて、人気の品種になっています。

【シナノゴールド】
-10月中旬頃~11月上旬- (写真中央)
「ゴールデンデリシャス」と「千秋」の交配種。色は、薄い黄色をしています。
固めのパリッとした食感が特徴的で、人気があります。

ちなみに、リンゴの皮の部分には身の部分の4倍以上のポリフェノールが含まれているそうです !
国内産のリンゴは使用する農薬の基準値がとても厳しいので、人体に影響を与える事はほとんどなく、皮ごと食べてもメリットの方が大きいです !(^^)!
鮮やかな色合いで皮にも特徴がある『信濃りんご3兄弟』。
子どもたちには、ぜひ皮がついたままで食べてもらいたいですね !

おやさい&くだもの

みかん ! 極早生 ? 早生 ?

2020.10.02

みかんといえば、一般的には冬の果物として連想される方も多いと思います。コタツとみかんという組み合わせに馴染みが深いせいか、そんなイメージは日本人なら誰でも持っていますよね ! (^^)!
今日はそんな「みかん」についてお話しさせていただきます !

みかんは、大きくわけると4種類程度に分類されます。

【極早生(ごくわせ)みかん】-9月~10月頃-
みかんシーズン1番手として登場するのが極早生みかん ! (写真1、2枚目)
写真のように、緑と黄色のコントラストが何とも美しいみかんです。
別名で「青きりみかん」や「青蜜柑」などと呼ばれ、冬場のみかんにはない爽やかな酸味と香り・ジューシーさが特徴の、じょうのう膜(房の袋)の薄い初秋のみかんです。
今年の船橋市場では、9月中旬から入荷し始めました。

【早生(わせ)みかん】-10月下旬~12月頃-
果皮はほぼオレンジ色です。
甘みと酸味のバランスがよく、一般的に一番好まれる品種です。こちらのみかん、じょうのう膜が薄くて食べやすいのも好まれるポイントかもしれません。

【中生(なかて)みかん】-11月下旬~12月下旬頃-
酸味が少なく甘みが強いという特徴があります。じょうのう膜は厚く、扁球形をしていて果皮は濃いオレンジ色になります。
日持ちも良いのでお正月にコタツで召し上がっていただくのには最高ですね!

【晩生(おくて)みかん】-12月下旬~3月頃-
シーズン最後のみかんです。だいたい1ヶ月程度の貯蔵を経て、甘みを強めてから出荷されます。ヘタが黒めなのはこの為です。
じょうのう膜は厚めですが、コクがあって程よい酸味も楽しめます。

上記のいずれも温州みかんです !
これからの時期に、品種の切り替わりと共に長い期間を楽しめるみかんですので、皆さんには味の違い等を楽しんでいただけたらと思います。